症状別

妊婦さんの腰痛や肩こりの原因

その原因の一つは姿勢です。
胎児(お腹の赤ちゃん)の成長に伴い母体(お母さん)の姿勢にも
変化がでます。
ウィメンズヘルス理学療法研究会によると
妊娠期に最も多い姿勢の変化は以下のようです。
20年間身体を観察したきた私も『このパターンは多いな』と実感します。

左側:良い姿勢  右側:良くない姿勢

①頭部前方位(頭が前に出る)
②胸椎後弯(背中が丸くなる)
③腰椎前弯(腰が反る)
④骨盤前傾(腰が反る)
⑤股関節外転外旋位(ガニ股)



①の頭部前方位(頭が前に出る)は
頭痛・肩こりを誘発しやすい形のひとつであり、
②の腰椎前弯(腰が反る)もまた
腰痛を誘発しやすい形のひとつです。
この状態を改善するには、
マタニティ整体を受けたり、マタニティヨガなども
良いかと思います。
今回はご自宅でもできるセルフケアをご紹介します。

それは
【姿勢を正す】
という、たった一つの意識でよいのです。
いつでも、どこでもできる超シンプルな健康法です。

「えー、なーんだ、そんなこと?」
って、思った方!
この方法、ただの気休めやその場限りのことでは
ありませんよ。

【姿勢を正す】ことで、身体が真っ直ぐになると
重力に対する骨格の負担が減るので、
腰痛や肩こりの症状が徐々にラクになります。

また、【姿勢を正す】ことは脳の前頭葉を刺激し、
テストステロンやセロトニンというホルモンの分泌量が増えます。
気持ちが前向きになったり、やる気も出て元気になるのです。

シンプルでいいことづくめの健康法です。
是非、おためしください。

『でも・・・やっぱり、自分ではなかなか続かない』
という方はお気軽に当院へご相談ください。







 

診療日のご案内

お知らせ

編集
 
 

PAGE TOP